• 函館駅の跨線橋から、0番線を望む
    パッと見ただけでここがどこだったかお分かりになったかた、いらっしゃいますか?車両の色で北海道だということは分かりますよね。ほかに屋根の色や建物の形、煙突のようなものや…、これらをご覧になってピンと来たりはしませんでしたか?タイトルを見て、あ、まだ旧駅舎の頃と気づいたかたは多そうですよね。じつは私、これを撮ったとき0番線と認識したわけではなかったようです。跨線橋からの風景を撮りたくてなんとなく…。あと... 続きを読む
  • 最後のブルートレイン?はまなすの14系と24系の二重奏
    つぎは白鳥orスーパー白鳥のネタと予告しましたが、「はまなす」惜別を失敗の写真で終わりにしてはなんだと思い、この記事を追加しました。まあおまけ編というか…。そこそこの失敗写真を絵画風にしてみたらちょっと見られる感じになりました。写真は青森駅で捕まえた上りの「はまなす」。編成後部の寝台車を撮ったものがもとです。あ、タイトルに最後のブルートレインと入れましたけど、正規の定義なら、去年8月の臨時「北斗星... 続きを読む
  • この車両とも、まもなくさよなら
    怒涛の春のさよならシリーズとしてお送りします。今回は青函がらみではありません。多くの鉄ちゃんの目があちらに向いているようですが、比較的身近にもさよならの対象があるのです…。415系1500番台。すでに上野口に入らなくなって久しいですが、水戸線や、水戸以北の常磐線には辛うじて残っていました。しかしいよいよすべてE531系に置き換え。国鉄形車両がまたひとつ消えてゆくわけです。とはいえ、↑のもととなった写真は去年の... 続きを読む
  • 青ガマ北斗星★銀ガマ北斗星☆
    寝台特急「北斗星」…3月13日で定期の運転を終え、4月からは臨時列車として運転をしていますね。(列車番号は8007、8008)8月までの猶予ということで乗るほうも撮るほうも熱が入っているんじゃないかと思います。編成を見るとロイヤルが増えているようで、取れる確率は高くなっていそうですが、かえって競争率は高いように感じます。ほかのブログさんの記事を読みかじっただけですが、ロイヤルのサービスが省略されているとかで... 続きを読む
  • アメリカンスタイルの蒸機
    ただいま、先日予告した去年7月の「しまかぜ」の乗車記鋭意作成中です。なんとか15日までには仕上げてしまいたい、とは思うのですけど、じつのところなかなか進まず。よって今日のところは間合い記事にて勘弁です…。(レッシャトウチャクマデ、シバラクオマチクダサイ)その前に台風19号の影響はいかがでしょうか?関東では3連休2日目まではなんとか天気はもちました。今日も…午前中から雨はぱらついておりますが、まだ荒れた状... 続きを読む
  • かつての夏の"18"旅より…赤い橋脚のたもとで
    いよいよ本日今シーズンの18きっぷを使いはじめます。まずは日帰り。私にとってはおなじみの場所です。このところお天気がぐずくずしている上に、突然激しい雨も降るので、ちょっと心配なんですけど、とにかくは出かけてまいります。ぢつをいうと18きっぷ、青券(マルス券)が赤券(常備券)に化けちゃったんですぅ。まぁ、そのあたりのわけはおいおいと…。マルス券に比べるとやわなんで、ケースかなにかに入れて持ち歩くほうがい... 続きを読む
  • 午前11時前の寝台列車
    ここも久方ぶりの更新になります。なにか落穂拾いをしているような心境…。前回があれれ、去年の3月だったんですね。今年春のダイ改も青い列車にとって大きな出来事がありますけど、去年もそうでした。悲しいかな、今年のことを予感せざるを得ないものでしたね。一方北のほうへ行き来する列車にとっても2分の1のさよならが…。青函トンネルにおける新幹線工事の関係で「北斗星」が1往復になってしまいました。なくなったのは1号... 続きを読む
  • もう19時ちょうどに「あさかぜ」は出て行かないけれど…
    「銀河」がなくなる日、私は家に帰るやいなや1通の封書を引っぱり出しました。3年前の3月の消印のついたそれはグレーの落ち着いた色をしています。差出人のかたの住所は広島。当時受け取ったときは見覚えのないものに少しけげんに感じたものです。便箋を取り出し開くのはたぶん3年ぶりくらいでしょう。でもその内容は時の流れを感じさせないものでした。近年ブルートレインの廃止が多く、3年前にも2本の青い列車が消えて行き... 続きを読む
  • 雪白の後ろ姿
    ジャン、ジャン不意にホームに響く津軽三味線の音。弘前駅から列車が出発するときかかるメロディ(?)は津軽三味線と聞いたことがあります。傍らを青森ゆきの「あけぼの」が走り抜けてゆきます。私は17時間余り苦楽を共にした青い列車をカメラに収めようと構えていました。編成最後の客車が行き過ぎたとき、私は息を呑みました。最後尾が、ま、ま、真っ白なのです!一瞬カメラがおかしいのかと思いましたが、そうではありませんで... 続きを読む
  • 鳥取駅南口・山陰線高架の見える宿
    今回は鳥取駅前に連泊。部屋は7階です。西向きの窓からは駅の南口、その駅前と高架が見えました。発着のアナウンスも聞こえます。まもなくするとディーゼルのサウンドが近づき、通り過ぎて行きます。ここは気動車街道なりということを強く実感します。列車の種別、車両の新旧問わず、すべて気動車なのです。ホームは新幹線駅を彷彿させるような高架なのですが、なにか少しミスマッチな感もあります。正直、夜行がなくなってしまっ... 続きを読む

プロフィール

さきた☆たまき

Author:さきた☆たまき
かつては、三度のメシより好きな機関車を追っかけてあちこち旅をしていましたが、近年は個人的な環境の変化により、比較的近場の乗り鉄旅にシフトしています。また郷里の埼玉に帰る際には、以前は興味のなかったもとジモテツ(私鉄)にカメラを向けるようになりましたし…。

とはいえ、いまも蒸機を含んだ、客車や貨車を牽く『カマ』が好きなのは変わりありません。なお、写真も文章も下手の横好きです。至らないのは平にご容赦…。

初めてのかたはどうぞ、カテゴリー『給炭場/管理人諸元(プロフィール)』をご覧になってくださいね。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ★

訪問者カウンター

検索フォーム

人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR