• 帰省鉄2020年正月その3【”JR鉄子”の知らない西武線・乗り継ぎの旅・Ⅰ】
    東武から西武へその2のエピソードから時間はもどります。帰省3日目の1月12日(日)は朝9時前に実家を出発。駅の西口にたどりついたタイミングで越生線8000系の返却回送が通りすぎるのを見ました。「あれっ、ちょっと繰り上がってる?!」これに間に合うように来て、改札に入る前に跨線橋(連絡通路)の窓から撮ろうと思っていたのです。振り返ってみると、土日のこの回送をチェックしたのは1年くらい前です。ひょっとしたら昨... 続きを読む
  • 西武線を乗り継いで、「52席の至福」に会いに(^○^)◆後編◆
    ※だいぶあいだが開きましたが、2月に掲載した西武線乗り継ぎ旅の続きです。(^^;ゞ第3章 芦ヶ久保へ6分の待ち合わせで西武秩父ゆきへ。今度は同じホームでの乗り換えなので、いくぶん余裕があります。向かいに待っていたのは4000系です。それまで乗ってきた通勤形とは一線を画すローカル仕様のセミクロスシート車…かつて、秩父鉄道乗り入れの車両にはお世話になったことはありましたが、西武線内では初めてでした。飯能は行... 続きを読む
  • 西武線を乗り継いで、「52席の至福」に会いに(^○^)◆前編◆
    第1章 近くて遠い西武線♪不思議な不思議な池袋、東に西武、西、東武♪…だったけな?池袋駅の東口にある某カメラ量販店のCMソング。おのぼりさんだった私が、この歌で東西ねじれた?池袋駅の『配置』を覚えたのはいうまでもありません(ホ、ホンマ…?!)。でも西武線も乗り入れている駅で乗り降りしても、うちへ帰るのには東武(東上)線でしたので、関わりになることはなかなか…。同じ埼玉へ行く路線といっても、西武線沿線に... 続きを読む
  • C58留守中の秩父鉄道へ【後編】
    Ⅲ 思いがけない?交代劇大半の乗客が長瀞や秩父で降り、終点三峰口に着く頃には車内はガラガラになっていました。平日のこの駅は閑かです。駅舎を出て右手に見える山々はまだ秋の彩りには欠けるようですが、木によってはなかなかきれいに染まっているものもありました。私らは駅前の福島屋という食堂で昼食をとります。だいぶ古い造りの建物ですが、座敷席がメインで靴をぬぎ、まったりできます。壁にはC58363を中心とした鉄道写... 続きを読む
  • C58留守中の秩父鉄道へ【前編】
    Ⅰ 足袋の形のフリーきっぷで秩父鉄道を旅する…鮮度落ちの報告で恐縮(^^ゞですが、蒸機(C58)不在の秩父鉄道に行ってまいりました。11月2日、金曜日でしたが、紅葉シーズンである11月は金土日と「パレオ」の運転が予定されていたのです。金曜ではフリーきっぷの恩恵に預かれないと思いきや、HPを調べた主人いわく「あるよ!」と…。『足袋×たびフリーきっぷ』というのが期間限定で出ていたのです。切符の形と名前は秩父鉄道沿... 続きを読む
  • 帰省鉄2018年初秋◆ツートンはどこに…(T_T)◆
    寄居駅で秩父鉄道のSLを見送り、さてどうする…?先刻SL発車間際に入ってきた東上線の8000系は10分としないうちに折り返していってしまいました。となると30分待ち、つぎあたりはツートンがもどってくるのでは?と思うのですが、どうでしょうか…。しかし、それも駅前で昼食をとっていたため逃しました。さらにつぎを待つか…、いえ、歩いてとなりの駅、玉淀方面に行くことにしました。寄居から電車に乗っても数分しかかからず、... 続きを読む
  • 帰省鉄2018年初秋◆ツーショットを撮りたくて…Ⅱ◆
    寄居駅に到着し、乗ってきたツートンに別れを告げます。いえ、今日は終日運用だそうだから、また会えるでしょうけどね…。片道15分ほどの所要なので1時間くらいたてばもどってくるはずですが、時間的に寄居着10時57分(小川町発10時42分)になるのは難しいと思います。これがSLパレオエクスプレスと一緒に撮れるスジなのです。改札に向かう跨線橋から外に目をやれば、秩父鉄道の下り方に出発待ちのカモレの後ろ姿がありました。... 続きを読む
  • 帰省鉄2018年初秋◆ツーショットを撮りたくて…Ⅰ◆
    おととし正月に帰省鉄した際に気づいたこと…。寄居駅で秩父鉄道のSLパレオエクスプレスと、発車間際に入ってくる東武東上線の8000系が撮れる~!あいだに何本か線路をはさみますが、この駅ならではのコラボが可能なのです。もしもリバイバルカラーに当たれば、個人的にはベストな1枚が撮れます。ただし、いわゆる末端区間(小川町~寄居)はリバイバルカラーの運用に関しては分が悪く、会えないことが多いです。が、賭けてみる... 続きを読む
  • 3度目のフルーティアふくしまは盛況♪
    ちょっと?あいだが空きましたが、6月に行った磐越西線の旅の続き…、会津若松からは「フルーティアふくしま4号」に乗車します。ちなみに「フルーティアふくしま」の併結相手は希少になった719系0番台でして…(E721系は形式違いで併結できないのかな?)。辛うじてあかべぇバージョンも残っております。列車は1番線に入線します。後ろの一般車両はすぐ乗れるようですが、前2両の編成は準備中の札が出ていました。おなじみ横断... 続きを読む
  • 新津発の「SLばんえつ物語」に乗って
    快速SLリレー号は「ばんえつ物語」の出る20分前に到着。同じホームの2番線に入りました。かつて新津発の頃の様子をよそのサイトで見つけると、165系のリレー号も同じだったようです。去年まではSLがついていたのは1番線でしたが…。3番線になったのはリレー号の設定があるからなんですね。ホームなかほどには駅弁売りが出ていて人だかりがしていました。途中駅10分停車の頃よりも売れているでしょうか?まだ時間があるからと... 続きを読む

プロフィール

さきた☆たまき

Author:さきた☆たまき
かつては、三度のメシより好きな機関車を追っかけてあちこち旅をしていましたが、近年は個人的な環境の変化により、比較的近場の乗り鉄旅にシフトしています。また郷里の埼玉に帰る際には、以前は興味のなかったもとジモテツ(私鉄)にカメラを向けるようになりましたし…。

とはいえ、いまも蒸機を含んだ、客車や貨車を牽く『カマ』が好きなのは変わりありません。なお、写真も文章も下手の横好きです。至らないのは平にご容赦…。

初めてのかたはどうぞ、カテゴリー『給炭場/管理人諸元(プロフィール)』をご覧になってくださいね。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ★

訪問者カウンター

検索フォーム

人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR