• 米原・ちいさな駅前散策
    帰りの新幹線は18時台。SLの回送を見送って米原駅にもどったのは16時前、さて2時間のあいだなにをする…?!早い時間の新幹線に乗変とも思いましたが、在来線ホームで増結作業を見学した「しらさぎ」の混み具合いを見て、即断念しました。真冬の3連休とはいえ、多くの人が動いたのです。今頃は観光の面でもオフシーズンでしょうが、交通、宿の料金と割高にならないこの時期をあえて狙う人もいるでしょう。また暖冬というのも大... 続きを読む
  • 【鉄道写真マンガ2007年創刊準備号①】失敗の写真でちょっと遊んでみました♪
    タイトルをつけるのなら、「SL北びわこ号物語・2007冬 ~C57姫とDD51爺や」でしょうか(爆)?失敗の写真にふきだし代わりの文字を入れてマンガ風にしてみました。ヒントになったのはNoriさんのコメントです。C57がDD51に回送されて行く姿が、無理やり連れもどされているみたいだと。私も同感でしたね。後ろ向きに引きづられて行くのでまさにそんな感じですもん。で、↑これになったわけです。いやー、たまにはC57・... 続きを読む
  • 時ものんびり憩う駅 ~近江鉄道・米原駅
    米原駅東口を出ると広場をはさんで近江鉄道の米原駅があります。一見味気ない感じのする建物ですが、少し高めの位置に横たわるようなホームはなんともいえないレトロ調。足の向くまま駅への階段を上がって行ってしまいます。まん中には自転車用のスロープが設けられています。はて、サイクルトレインでもあるのでしょうか。このまま進んでも行き止まりでしょうから、通り抜け用の設備?とは考えがたいです。階段を上がり切るとそこ... 続きを読む
  • 2007年2月12日 ~本日はSL北びわこ号日和なり
    【1】3日目は撮り鉄日和、期待していた伊吹山は雲に隠れてしまっているけれど、晴れているだけありがたいです。午前中の「北びわこ1号」は坂田~田村の田圃のなかで撮りました。線路の西側で坂田方面にカメラを向けると、見事な逆光です。心配はしていましたが、仕方ないことです。いろいろ迷った末、先客たちのいる畦に三脚を並べさせてもらうことにしました。特急、普通、貨物とほかの路線に比べると本数は多いです。なかでも... 続きを読む
  • 京都駅・もうひとつの0番ホーム
    梅小路蒸気機関車館で半日を過ごし、にしんそばで夕食をすませてから、京都駅の改札に入ります。今回乗車券は東京都区内~京都市内の往復の切符を用意しただけ。あちこち乗った分に関しては、いただきもののJスルーや、手持ちのオレカ、Suicaを総動員しました。本当はうまいフリーきっぷなどあればよかったのですが、適当なものが見つからなかったのです。改札では帰りの切符を通しました。私は京都駅で乗降するときは極力、... 続きを読む
  • 梅小路狂騒曲・第62番
    京都駅から山陰線普通に乗り、一駅、丹波口で下車。すでに途中の高架から梅小路の混み具合いを目の当たりにしています。3連休とはいえ冬場とは思えない人出…。きっとここも清水や金閣寺に並ぶ京の観光スポットなのだ、なにかそう感じられて仕方ありませんでした。出迎えるはもと二条駅の古風なたたずまいです。反して玄関は自動ドアですがほぼ開きっ放しです。入ると係員の人が大声で案内をしていました。「入場券は券売機でお買... 続きを読む
  • 京での晩餐は、にしんそば
    失敗写真のネタのあとはなんの脈絡もなく、食べ物です。といっても今回はあまり食に恵まれなかったような…。2日目3日目の朝はあらかじめ買い置きしたパンを宿でかじり、あとは駅のホームか地下街でうどんかそば。駅弁はまたもや口に入りませんでした。かろうじてカメラに収めることができたのは、京都駅前地下街にあるお店で食べた『にしんそば』です。肝心のにしんが下のほうに隠れていたので箸ですくいあげたら、2つに割れま... 続きを読む
  • 夕陽を受けて、サイドがきらり☆だったけど…
    坂田~田村は田圃のなかを北陸線が貫くように走っています。「しらさぎ」の683系置き換えや敦賀までの直流電化で、かつての国鉄型車両の姿はあまり見ることができなくなりましたが、時折貨物列車も通り、ファンとしてはなかなか楽しい場所です。写真を撮るにも列車のサイドや斜め前を狙った編成などいろいろなアングルで『練習』することができます。運良く伊吹山も見えれば…。夕方西日きらりもなかなかいいものです。↑写真はじつ... 続きを読む
  • びわこ環状線・反時計まわりの旅
    日本一大きな湖、琵琶湖。そのまわりを囲むように、北陸線、湖西線、東海道線が走っています。こんな路線図を見ると実際に周遊してみたくなってしまいます。旅の2日目は非番のC57・1を訪ねて梅小路に。宿のある彦根から京都へは新快速で1時間ほどなのですが、ここはひとつ琵琶湖を反時計まわりにたどってみることにしました。まずみどりの窓口で彦根→丹波口の切符を購入します。実際乗る経路だと1800なんぼ。でも券売機に示さ... 続きを読む
  • 2007年2月10日・米原~木ノ本間、行きつもどりつ…
    【1】減光されてしばし、私は寝台のなかで時刻表とにらめっこしていました。「銀河」に乗る前に明日(10日)の「北びわこ3号」の切符がとれたのです。それまで10日、12日と問い合わせても満席ばかりの返事だったのであきらめていたのですが、土壇場のめぐり合わせもあるもの…うれしい反面、早急のプランの練り直しを迫られました。列車本数はほかのSLの走る路線に比べればあります。午前中の「北びわこ1号」はなんとか撮れそ... 続きを読む

プロフィール

さきた☆たまき

Author:さきた☆たまき
かつては、三度のメシより好きな機関車を追っかけてあちこち旅をしていましたが、近年は個人的な環境の変化により、比較的近場の乗り鉄旅にシフトしています。また郷里の埼玉に帰る際には、以前は興味のなかったもとジモテツ(私鉄)にカメラを向けるようになりましたし…。

とはいえ、いまも蒸機を含んだ、客車や貨車を牽く『カマ』が好きなのは変わりありません。なお、写真も文章も下手の横好きです。至らないのは平にご容赦…。

初めてのかたはどうぞ、カテゴリー『給炭場/管理人諸元(プロフィール)』をご覧になってくださいね。

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ★

訪問者カウンター

検索フォーム

人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR